大阪府松原市の丹下工業株式会社は、一般住宅(一戸建て)、ビル、マンションの外壁塗装工事、定期メンテナンスはお任せ下さい。新築、リフォーム問わず、全般にわたり承ります。

採用情報

お見積もり・お問い合わせ

施工事例

お客様の声

最新情報

2016/03/29
施工事例を更新しました。 詳細はこちら
2016/03/18
施工事例を更新しました。 詳細はこちら
2016/03/14
施工事例を更新しました。 詳細はこちら

丹下工業株式会社

フリーダイヤル:0120-928-488
〒580-0033
大阪府松原市天美南5-22-12

大きな地図で見る

ベターライフリフォーム協会

AGCコーテック

SICコーディングス

丹下工業 社長のブログ

K three

外壁塗装

一般住宅(一戸建て)、ビル、マンションの外壁塗装定期メンテナンスをして、大切な建物の顔をきれいに保ちましょう。

こんな症状に要注意

クラック(ひび割れ)

サビ・カビ・汚れ

チョーキング

上記のような症状があれば、すぐにメンテナンスをしましょう。
ひび割れやはがれ・チョーキングなどが現れていたら、外壁リフォームをお考えください。
そのまま放置すると建物の構造材(柱やはりなど)まで水分がしみこみ腐食する可能性があります。早めにメンテナンスすることで、建物を長く維持することが出来ますし、早めのメンテナンスは費用的にも安上がりです。

では、外壁材はどんなものがあるの?

サイディング壁

金属系

金属系のサイディングではガルバリウム鋼板を用いることが多くなってきています。ガルバリウム鋼板は耐久性が高い金属で、屋根にも使用する資材です。しかし表面塗装はやがて劣化しますので再塗装が必要となります。

塗料の塗り替え:10年~15年

窯業系

最近の主流の外壁材で、石目調やレンガ柄、木目風などさまざまな色とデザインがあります。表面の塗装の劣化だけでなく、サイディング材の隙間を埋めているコーキングの劣化に注意する必要があります。コーキングがひび割れてきたら、その補修と塗り替えを同時に行いましょう。

塗料の塗り替え:10年程度


モルタル壁

モルタル壁とはラス(網状の金物)などの上からモルタルを左官で塗って、その上から塗装して仕上げるケースが一般的です。サイディングが普及する前までは、日本の木造住宅の大半はモルタル壁でしたが、近年その割合は減少してきています。

近年ではラスの代わりに表面がラスのような形状をした合板が使用されるケースが多くなってきました。また、仕上げの塗料も高機能商品の開発が進んでいます。


塗装材もお客様のご要望に合わせてご選択いただけます。

※耐久年数は立地条件によって変動します。


ページの先頭へ戻る